婚約指輪などのジュエリーを賢く選んでいく

結婚指輪との違い

砂浜に輝く2つの指輪

最近の冠婚葬祭に関することで、結婚指輪を花嫁側のご両親が新家族となる花婿花嫁に送るとか、自分たちが使用してきたものを綺麗にして渡すことが不自然にならないかどうか等で悩まれるケースがあるとジュエリー専門店の相談窓口に来ることがあるそうです。
しかし新婚夫婦の気持ちの問題が重要であることから冠婚葬祭に詳しいジュエリー専門店員は説明するとのことです。
結婚が決まって親御さんが何か自分たちにできることで花嫁を迎えたい気持ちが先走ることは良くあるらしく冠婚葬祭に関することの準備段階での注意点とかいくつか確認して相談できるのがジュエリー専門店であったり、結婚四季を上げるホテルの担当者であることを知っておくことが重要です。

そこで、新婚夫婦に関係する両方の親御さんから指輪を送る代わりに家族の絆を深める意味で、ジュエリー専門店に持ち込まれた昔の結婚指輪をカスタムもしくはリフォームしてネックレスとかにリニューアルする方法とかを提案しているジュエリー専門店とかホテルのジュエリー担当者が教授する場合もあるとのことです。
リニューアルされたネックレスを花嫁が付けて結婚式に臨まれるとかは素敵なこととして受け入れられるケースと言われています。
他にもイヤリングであったり宝石の持つ良さを花嫁の気に入るものに変化させてプレゼントするなど工夫は基本的に花嫁から喜ばれるものであると提案しているようです。
指輪はとくに新婚の2人の世界で完結したほうが良いと言えるのです。